温泉・貸切露天風呂:新潟の温泉旅館「嵐渓荘」

2011年02月01日

除雪、ロッケンロー♪

昨日、新潟LOTSにて開催された、
ザ・クロマニヨンズLIVEに行けませんでした\(号泣)/


原因は…↓こいつらです。

  

2010年12月21日

慶事・法事、お集り

今年は春からほんとうに不景気の風を感じる一年でありました。
特に新潟県内の地元のお客様が動かないように感じました。
とにもかくにも、このご時世です。

商売のことを考えていくと、最終的には「嵐渓荘ってなんだろう?」というところに至ります。
なんのために嵐渓荘はあるのだろう?
宿屋ってなんだろう。温泉旅館はこんな時代になっても必要なのか?
どんどんふろしきがひろがっていき、
最後はシンプルに、これまで嵐渓荘はどんな風に利用されてきたのか?を考えてみました。

ここのところの売り文句は、癒しの隠れ湯一軒宿です。
吊り橋渡る木造3階建て。越後の秘湯。
…イメージは静けさ漂う、いわゆるおふたり様の宿。

地元の知人に「嵐渓荘って、子連れでいっちゃまずいんだろう?」
と言われたことがありました。
ああ、これじゃあまずいんじゃないか?とそのとき感じました。

もっと楽しくて賑やかさもあるのが嵐渓荘の良さ、のはず。
お子様が廊下をドタドタ走ろうと、それもまた旅先の情景のひとつとして、
受け入れてきたのが嵐渓荘なのではないか?
あんまりうるさければ、それは注意させて頂きますがもちろん。

同級会、町内会、忘年会…

お祝い事に結婚式に、法事など…

「癒しの隠れ湯」をアピールしてきたら、
すっかりそういうみんなで集まって楽しい時間をすごす、
嵐渓荘のもうひとつの大事な要素がどこかへいってしまったらしい。

そしていろいろ思い巡らせて、「妙湶和楽」という言葉に至りました。

妙なる湯にみんなが集まり和やかに楽しむ

↓たとえばこんなお集まりや楽しみ方。
お集り
慶事・法事

越後長野温泉が湧出して85年。
それぞれの時代、先代たちはそれぞれの思いを嵐渓荘に込めてきたはず。

私はこんな行き詰まり感に支配されたような時代だからこそ、
「楽しさ」「うれしさ」「賑わい」といった、
明るくて未来を拓く素になるものを嵐渓荘に求めたい。
お客様がここへお越しになって、
ああすっかりほんとうに楽しかった!
発散した、充電した、もうちょっと前に進んでみたくなった。
そんなふうに感じて頂ける宿屋にしていきたいと思うのであります。
  

2010年09月16日

陳情活動

八木ヶ鼻
東京からもどると、しただの郷はすっかり秋でした。
稲穂が金色の海と見えました。

  

2010年09月04日

秋ですねぇ

体育祭

なにげなく買い物途中でスーパーの屋上駐車場から眺めた風景。
中学生が体育祭をしてました。
きこえてくるのは…オクラホマミキサー!♪
へ~!今でも踊ってるんだと、心踊ってしばらく眺めてました。
体育の先生の号令で一斉に踊り出す生徒達。
暑い日が続きますが、陽の光の具合はすっかり陰影がぼやけはじめてきていて、
首輪をはずされた土佐犬のような獰猛さはすっかり失せています。
夏休み中に用意したであろう応援団の看板など。

秋来たる。…と感じさせられた光景でした。  

2010年03月13日

アマゴイルリトンボ

アマゴイルリトンボ

…というトンボがいます。
世界のトンボで新潟県で唯一発見された種で、
和名に発見された雨生ヶ池(あまごいがいけ)の名がつき学名は「エチゴニア」。
↓詳しくは今朝の朝刊(三条新聞)をご覧下さい。


↓地元の吉ヶ平保存会のブログに、トンボを追いかけてきた方がいたと記事がありました。

このトンボがいつまでも棲息できる環境を、
未来に残していくようにしなければならないと思いました。
吉ヶ平はまだまだ雪の中。
保存会のみなさんには今年もご協力させて頂こうと思います。
  

2010年01月17日

屋根より高い

嵐渓荘 屋根
雪は落ち着いてきました。
山の湯・屋根の雪下ろし。
外人部隊はさすがベテラン。
着々と雪は下ろされていきます。
  

2010年01月16日

除雪はつづくよどこまで

雪
今朝は晴れましたface01

除雪はつづくよどこまでも!
今日は雪下ろし外人部隊がこれからやってくるので、
各屋根の下に雪をおろす場所をつくっておかないといけません。

  

2010年01月15日

除雪


いやあ降りましたね。
従業員さんに雪下ろししてもらいましたが、おろした雪が屋根に届いてしまいそうです。
今回は新潟県では上越方面が荒れたようです。
松之山スキー場で積雪300センチ、妙高や赤倉では400センチ超と報道されていました。
明日も早起きして除雪しないと。早く寝ましょう。


  

2010年01月02日

いい年にします

新年あけましておめでとうございます。
2010年がはじまりました。
嵐渓荘の年末年始はご滞在中の75%がリピーターの方で、
さらに60%の方が大晦日と元旦を連泊されるお客さまでした。
ということでかどうなのか、大勢いらしている割りに館内はとても静かです。
みなさん慣れたお宿でお部屋でゆっくりすごされているのでしょう。

嵐渓荘

新潟も魚沼地方・妙高方面はかなり降っているようですが、
嵐渓荘付近はご覧の通り、今回の雪はそれほど積雪がなく、ただ風が強くてとても寒いです。
  

2009年10月29日

誕生日プレゼント

今日、誕生日。38になりました。
自分へのプレゼントとしてカメラのレンズを買いました。
↑この動画に憧れて、シフトレンズ(MC ARAX 2.8/35mm)を!

MC ARAX 2.8/35mm
嵐渓荘も少しはミニチュアっぽくみえますか?
シフトレンズで撮影すると現実の風景がミニチュアみたいに撮れます。

  

2009年09月22日

秋ふかし



秋深し、芋蒸かし…
そんな季節がやってきます。
シルバーウィークまっただなかです。おかげさまで、稼がせて頂いております。
ゴールデンウィークよりも問い合わせが多いのはなぜだったんだろう。

  

2009年09月03日

機動

機動戦士ガンダム

機動

と聞いて、なにを思い浮かべますか?
ちょっとした発見をしたので、主のつぶやきとしてブログネタにします。

Google翻訳で、「機動」と翻訳すると…なんとGundamとでました(笑)
ためしてみてください→こちら

機動警察パトレイバー、攻殻機動隊、機動戦艦ナデシコなど、
おそらくその辺ももとをただせば、やはり…

機動戦士ガンダム

なのでしょう。
しかし、Google翻訳の辞書制作者はこれは狙ってますね。
ちなみに機動隊としたら、Ghostと翻訳されました。
攻殻機動隊(Ghost in the shell)からでしょう。

そうそう先日、ガンダム1/1を見てきました。  

2009年07月22日

日食と地鎮祭

全国的に雨模様のなかで起きた皆既日蝕。
事前に知らされていたので、驚きもそれなりでしたが、これがいきなり始まったらパニックでしょう。
新潟でもっとも蝕が進む時間帯に、この辺はちょうど雲が晴れてバチリと撮れました。
空が閉じていくかんじがしました。
  

2009年07月14日

解体

解体工事がはじまりました。
ここは昭和の初めからあった建物で、当時はこんなでした。

奥の2階建てのたてもの。写真は昭和21年撮影。
手前に池がありますが、今はありません。
※そのなごりか、今回解体して地面を掘り始めたら地盤はかなりグサグサ(^^;)
さらに手前の建物は現在は鞍掛という宴会場になっている建物です。
  

2009年07月13日

新潟 温泉

いつまで続くかわかりませんが…
「新潟 温泉」
yahoo!のキーワード検索で「新潟 温泉」と検索すると…
なんと!嵐渓荘が堂々の1位で表示されるようになりました。

新潟 温泉


いつまで続くかわかりませんが!  

2009年05月27日

教育は…

教育は科学であってはなりません。それは芸術でなければならないのです。

シュタイナーの言葉だそうです。
朝から心に響きました。

裏の土手のひめさゆり、満開です。
ひめさゆり
ひめさゆり祭りも5月31日まで延長されました。

これから福島までいってきます。
その後、蛍やひめさゆりの記事を書きます。
なかなか更新できずすみません。