温泉・貸切露天風呂:新潟の温泉旅館「嵐渓荘」

2019年10月13日

嵐渓荘 通常通り営業致しております。




台風19号。
被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。
ニュースやSNSで知るだけでも大変な被害です。
私たちの宿は今回は幸いなことに大きな被害はありませんでした。
通常通り営業致しております。
この辺も10月12日から13日にかけての深夜には、木々が揺れ大嵐となり守門川も増水しましたが、倒木数本、一部建物被害(小屋の屋根のトタンが剥げました)で済みました。
台風19号到来の前日にラウンジに大きなスピーカーを、近くの方から譲っていただき運び込んだばかりでした。
平成23年の集中豪雨で守門川氾濫により、吊り橋がながされ、前庭は一面川砂に覆われ、大浴場も水没、このラウンジにも濁流が流れ込んだことがありました。
あれから8年。多くの方達の手助けと、お客様の変わらぬご愛顧、そしてスタッフの尽力により、復旧を少しづつ続けることができ今に至ります。今回発生した被害の復旧にも長い時間がかかると思います。もちろん、いつここにまた災害が起きるかもわかりません。
途方に暮れることもありますが、負けないでいこう。日々の今をしっかり生きていこう。今日営業できることを、お客様に笑顔でお越しいただけることに、深く深く感謝致します。
消費税がUPしたり生活者には辛い秋となりました。
でも、上を向いて歩いていきましょうと、思います。

越後長野温泉 嵐渓荘
代表取締役 大竹啓五