温泉・貸切露天風呂:新潟の温泉旅館「嵐渓荘」

2008年10月15日

来年の仕込み

ひめさゆり
ヒメサユリ…レッドリストで絶滅危惧種に指定されている日本のユリ原種のひとつ。新潟、福島、山形の一部にしか咲かず大変めずらしい可憐なユリです。当地下田郷では春・5月下旬、高城城址の“ひめさゆりの小径”を中心に群生します。地元ボランティアの方々の活躍もあって、その時期になるとたくさんの方がトレッキングを兼ねて見学にいらっしゃいます。
今回、ヒメサユリを嵐渓荘の敷地内に植え付けるという話が舞い込んできました。

話の発端は、隣町でヒメサユリ栽培を実現した橘さんとの出会いでした。
橘さんは、ヒメサユリ栽培の研究に長年取り組んでこられて、ここ数年でようやく切り花販売、球根販売が実現するようになりました。
ヒメサユリは、種を蒔いてから花が咲いて商品になるまで、少なくとも5回は冬を越さないとならないのだそうです。
ひめさゆり種
初年度。秋にとれたヒメサユリの種をむしろの下で冬を越させます。
ひめさゆり1年目
1年目。発芽して一葉の芽がでます。球根はまだ豆粒より小さい。
ひめさゆり2年目
2年目。葉はまだ一枚のまま。
ひめさゆり3年目
3年目。葉の枚数が二枚になります。株も大きくなってきます。
ひめさゆり4年目
4年目。花が咲く株も出現。でもまだ小さいですね。
ひめさゆり5年目
5年目。立派な姿に成長しました。このくらいになると切り花販売できるそうです。
ひめさゆり開花
裏から光があたると薄桃色が映えて本当にきれいな花です。
ひめさゆり棚
今回、植え付けることになったのは、駐車場脇の道路崖面。
トンネルからずずずい~っと植え付ける予定。
ひめさゆり球根
橘さんが畑からもってきたヒメサユリの球根。
ひめさゆり植え付け
朝から作業が始まりました。崖は二段になっていて、ちょうど上段と下段の真ん中に散策できる通路があります。ヒメサユリは下から覗き込むようにして見ると綺麗にみえる。上からだとあまりよく見えない。ということで、上段に特に集中的に植えるそうです。
こちらは一昨年、密かに山の湯待合いから眺める崖に植えてもらったもの。今年は立派に群生しまして、日が当たると見事でした。橘さんもそう言いますが、本来のヒメサユリはポツン、ポツンと群生しているものであり、あんまり過密に育てるのは不自然。ここはちょっと過密気味だったようです、…がやはりワッと群れて咲くのは迫力がありました。来年、再来年、またこんな風に咲いてくれるかどうか。手入れは草刈り程度にしておけと言われています。自然のままに育てなさいと。今回の植え付け地は果たしてどうなるでしょう。これから私も植え付け手伝いに行ってきます。
最後に…宣伝です。

橘さんが栽培しているヒメサユリの球根を売店でこの時期限定で販売しております。これから雪が降るまで、球根を掘り起こせるまでの販売です。2球で1000円。詳しい育て方もおつけしております。鉢植えならばたぶんたいていのところで咲くのではないかと思います。

橘さんは今回の植え付けなど全て一切ボランティアで取り組んで下さってまして、せめて売店販売で恩返しできればと思っています。お花に興味のある方ぜひどうぞ!

タグ :ヒメサユリ

同じカテゴリー(春夏秋冬)の記事画像
春の野遊び
春の訪れ
スノーシューツアー2017
しただ郷の景勝”八木ヶ鼻”
かまくらの夜
寒波の朝
同じカテゴリー(春夏秋冬)の記事
 涼を求めて (2017-08-06 23:01)
 七夕の夜 (2017-07-07 22:48)
 春の野遊び (2017-05-12 01:32)
 桜はあと一週間くらいでしょうか (2017-04-16 11:48)
 春の訪れ (2017-04-01 12:55)
 スノーシューツアー2017 (2017-02-20 12:18)
karuさんからのコメント。2009年02月16日 09:21
ヒメサユリすてきですね。
また球根販売されるときに一報ねがいます。
ぜひ購入したいと考えています

carlosdobr@dream.com
----この記事にコメントしましょう!----
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。