温泉・貸切露天風呂:新潟の温泉旅館「嵐渓荘」

2009年02月06日

全国放送の反響


・予約がどんどん入ってくる。
・嬉しい悲鳴。
・こんなの信じられない!

まさにそんな感じ。先週のふたつの全国放送により、2月以降の空室がどんどん消えていきます。
WEBのアクセス状況もご覧の通り、テレビ放送以降、アクセス数が一時は3倍から4倍に増えました。
一週間たとうとしていますが、いまだに勢いが続いています。
よっぽど印象的な紹介のされ方だったのでしょう。嵐渓荘はいつもどおりでしたので。
いい旅夢気分は、順番に全国各地で日時をずらして放送されていくらしく、そのたびに問い合わせのお電話が鳴ります。
今までもいろんな雑誌やテレビ番組で紹介されてきましたが、これだけダイレクトに反響を感じるのは初めてです。
今年の1月は平成になってから過去最低水準の利用状況でしたので、本当にありがたい!

しかし少し冷静になって考えるてみると。
これだけ不景気と言われていても、旅行している人はまだまだたくさんいるんだなあという事実。
ある繁盛旅館のオーナーに「どうして一年先まで予約でいっぱいにできるのですか?」と質問したことがあります。
そのときの答えは「たった17室(そこはうちと同じく17室のお宿でした)を毎日満室にできなかったら、この商売をやっている価値はない。東京の街頭を歩いてみれば、平日でも何千人の買い物客で溢れている。たった17室です。」
その答えは衝撃でした。
繁盛しているからと言えるという傲慢さではなく、志の高さを感じたのです。
「たかだか17室。どうして満室にできないのか。」という気概の強さ。

今回のテレビの影響はすぐに消えてしまうでしょう。
とはいえ頂いた予約は消えないでしょうから、それはそれで本当にありがたい。
なんどもお礼を言いたいです。
ただ、もっとも今回のラッキーから学ぶべきことは、
ここんとこ宿が閑なのを景気のせいにしていたという自己反省と、
今回の世界的信用収縮の嵐は生半可ではないにしろ
でも旅人は確実にそこにいて日本全国を巡っている、という事実の発見。
嵐渓荘、まだまだやるべきことがたくさんありますね。
希望をもって毎日精進していかねばなんね~ね~!


同じカテゴリー(宿が紹介されました)の記事画像
「山彦」書評(心に残る物語)
『プロが1位に選んだ旅館の女将が選ぶ旅館はスゴかった!!』
春にむけて
桜の旅
旅行読売2月号
本日全国放送されます
同じカテゴリー(宿が紹介されました)の記事
 NHK『美の壺』で“宿の朝食”に紹介されました (2017-06-09 21:08)
 「山彦」書評(心に残る物語) (2016-02-04 15:40)
 『プロが1位に選んだ旅館の女将が選ぶ旅館はスゴかった!!』 (2014-05-09 13:16)
 春にむけて (2014-03-01 18:54)
 桜の旅 (2013-04-12 15:08)
 旅行読売2月号 (2012-12-28 12:35)
空さんからのコメント。2009年02月09日 01:00
流石ですね。沢山学習されてます。グローバルになった らんけいごうさんへ Excellent !!! 
masamasaさんからのコメント。2009年02月17日 20:52
佐渡シーサイドホテルの石川と言います。
温泉の番組は好きでよく見ます。
チェック!ザ・NO.1を見たら何度かお会いした山崎まゆみさんが。
しかもお薦めの朝食の宿が、新潟県では1度は行ってみたいと思っていた「嵐渓荘」さん。昆布茶の香りのするお粥食べてみたいですね。

日記の文中「たった17室(そこはうちと同じく17室のお宿でした)を毎日満室にできなかったら、この商売をやっている価値はない。」う~ん すごい経営理念。
当館は13室ですが、なかなか満室とはいかないです。素晴らしい言葉ありがとうございました。
お互いこの言葉を肝に銘じて頑張りましょう。
----この記事にコメントしましょう!----
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。