温泉・貸切露天風呂:新潟の温泉旅館「嵐渓荘」

2015年03月11日

母を連ねて〝雪なし〟へ



楽しいスノーシューツアーも今年はそろそろおしまいになります。
今回は秘湯ギャルズとして有名なトッチー&ガッキーと〝雪なし〟へいってきました。
朝方は雨が降り、晴れ女でも有名な秘湯ギャルズも気をもんだようですが、
歩き始める頃には雪へとかわり楽しくあるくことができました。
ティータイムには風が強かったので、ガイド・和田さんのバックパックからはテントも登場face02



下山後、八木茶屋へ行き久しぶりに〝山塩ラーメン〟を食べました。
ご存じですか?
このラーメンのスープには煮詰めた嵐渓荘のしょっぱい温泉が使われています。
それが鯛の兜でとったダシとあわさりおいしいスープになってます。
また麺は三条市内のお店でたまにみかけるクロレラ麺。
どこか懐かしい八木茶屋のラーメンです。



あいかわらず雪がない〝雪なし〟
洞からはあたたかい空気が漂い、秘湯ギャルズ曰く「ジブリだ」。なるほどたしかに。

〝雪なし〟の話を聞いた母(大女将)は以前から、
冥土の土産にどうしてもそこへ行ってみたいと言ってました。
私は、体力的にもまた目が悪い母には無理だと言ったのですが…。
ガイド・和田さんが「大丈夫。連れて行けますよ」と心強い一言。
そして午後からは母を連ねて〝雪なし〟へ。

なるべく歩く距離が短い方がよいとのことで、
この急斜面を登る最短コースにガイド・和田さんが雪の階段を作ってくださいました。
秘湯ギャルズもお手伝いいただいたそう。ありがとう。


雪山ガイドにもプロフェッショナルな和田さん。
専用のロープで母をひっぱりあげながらゆっくり登っていきます。
たいしたもんだなあと感心しました。


そして念願かなって、母は〝雪なし〟を見ることができました。
和田さん、本当にありがとうございました<(_ _)>


帰りもロープに助けられて下山。
事故・怪我もなく無事に降りてこれました!
がっちり握手。拍手icon12icon12
同じカテゴリー(春夏秋冬)の記事画像
春の野遊び
春の訪れ
スノーシューツアー2017
しただ郷の景勝”八木ヶ鼻”
かまくらの夜
寒波の朝
同じカテゴリー(春夏秋冬)の記事
 涼を求めて (2017-08-06 23:01)
 七夕の夜 (2017-07-07 22:48)
 春の野遊び (2017-05-12 01:32)
 桜はあと一週間くらいでしょうか (2017-04-16 11:48)
 春の訪れ (2017-04-01 12:55)
 スノーシューツアー2017 (2017-02-20 12:18)
木下 孝次さんからのコメント。2015年03月11日 09:15
和田さん。お母さん
お疲れさまでした。
目に浮かびます。お母さんは、よい体験しましたね。
相変わらず、雪なしは健在ですね。
暖かい空気が出ているんですね。
私も再度行ってみたいです。
空左右衛門さんからのコメント。2015年03月12日 00:49
それぞれの人が 感動です。素晴らしい!そこの「お宿」は なんとなく 魅かれる 何かがありましょう!
----この記事にコメントしましょう!----
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。