温泉・貸切露天風呂:新潟の温泉旅館「嵐渓荘」

2015年03月20日

スノーシューツアーFINAL

嵐渓荘スノーシューツアー2015もファイナル。
3月16日9:30嵐渓荘の駐車場には、男女16名が集まりました。
今回は2月に参加した方も大勢いらっしゃることもあり、いつもと違うコースを歩きました。
嵐渓荘から6kmほど守門川を上流にのぼり、遅場集落まで行きます。
そこには雪のない季節であれば栃尾・長岡方面に越す「水ノ木峠」があります。
除雪してあるギリギリの地点までバスで行き、あとは歩いて峠をのぼり、
ツンネ(尾根)づたいに下流へ歩き、葎谷の神社のあたりにおりてくるコース。

(上)雪の状態を調べるガイド・和田さん。
雪どけが続き、そのあと1メートル近く降り、雨と晴れで今日に至る。
春の雪崩が心配と一足先に現地へ赴き調べていました。
…「おめたち何してんだ?」と近くで土木作業をする方に声をかけられました(笑)
(下)総勢16名で出発。
初心者もいれば慣れた方もいる。賑やかなパーティーになりました。

スタート地点から1kmほどさらに上流にすすむと、峠道のはじまり。
杉木立のなかは雪がしっかりしまっていて、おもいのほか歩きやすかった。
ここらへんは豪雪地帯。雪の重みでねじ曲がった木の幹。折れないんですね~。

【クリックで拡大】
まだか、まだかと登っていくと、ぱっと視界がひらけてツンネ(尾根)にでます。
栃尾・見附・長岡方面の眺望。快晴で空気も澄んでおり最高でした。

昼近くになると日差しも強くなり、気温もだいぶ温かくなりました。
ところどころ雪の下に空洞ができているところがあって、
なんどもその穴に落ちてしまう女性の方もありました。
くじけず怪我せず最後まで歩き通せて本当によかった。
下りの最後の難所では男性もスッテンコロリする。
ワイワイいいながら、こういうところを歩くのもまたスノーシューの楽しいところ。

(左)ガイド・和田さん自慢の連結バーナーで湧かす豆乳チャイ
(右)保温ポットでもってきた小豆ぜんざい
いずれもこういうところで歩いたあとに口にするのは実に旨いface02


守門川トレイル 絶景ポイント--左に袴腰山、正面に粟ヶ岳--

今年からはじめたスノーシューツアー
名残惜しくもこれでファイナル
また来年!

同じカテゴリー(イベント情報)の記事画像
第30期竜王戦 at 嵐渓荘
スノーシューツアー2017
かまくらの夜
手打ち“自然薯蕎麦”と地酒の会
12/25(日)『笛人 本宮 宏美』クリスマススペシャル ディナー&コンサート
しただふるさと祭り
同じカテゴリー(イベント情報)の記事
 八十里越え古道~番屋山、そして机山 (2017-11-03 21:55)
 第30期竜王戦 at 嵐渓荘 (2017-09-03 23:47)
 涼を求めて (2017-08-06 23:01)
 スノーシューツアー2017 (2017-02-20 12:18)
 かまくらの夜 (2017-02-04 18:08)
 手打ち“自然薯蕎麦”と地酒の会 (2017-01-09 21:57)
木下孝次さんからのコメント。2015年03月20日 22:53
色々ありがとうございました。
2回目のスノーシュートレッキングは、お天気にも恵まれて、大変良かったです。16名全員が、怪我無く無事下山して来て来られてよかったです。
今季最後になるかと思いますが、また参加してみたいと思います。
今後ともよろしくお願いしますね。
----この記事にコメントしましょう!----
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。