温泉・貸切露天風呂:新潟の温泉旅館「嵐渓荘」

2016年12月25日

〝机山〟がテレビで紹介されます


嵐渓荘裏の〝机山〟がテレビで紹介されます。
八木茶屋さんの山塩ラーメンがメインテーマのようですが、
その山塩ラーメンのスープの基本になってる温泉の源ということでの机山。
「山人(やまんちゅ)~温泉使ったラーメン」
12月26日(月)TeNYテレビ新潟
夕方ワイド新潟一番 15:50~

標高220m、山と呼べるのか?しかし独立峰(笑)の机山ですが、
数年前からスノーシューや〝雪なし〟探険、そして散策道の整備など、
いろいろと手をかけてきた〝机山〟なので大変喜ばしいことです。
☆これまでの〝机山〟記事
2014/05/19


取材は12月20日にありました。数日前にだいぶ遅い初雪が降りまして、
頂上からは袴腰、粟ヶ岳、守門岳など奥しただの山々の雪化粧を眺められました。
案内のため私も頂上まで行きました。裏山なので長靴に軍手ででかけたのですが、
しっかり山歩きの格好をしてきた大平真理子アナウンサーに軽装すぎると指摘され、
となりにいた遠藤ケイさんからは笑われました(^^;)。最初は急坂ですが、長靴で行けるんです。


〝雪なし〟にはやはり雪はありませんでした。
そこのまわりだけ、苔の発育も良いので、パワースポットとして紹介。
机山は岩石が積み重なってできてる山で、
風穴から地下の温かい空気が放出されるのがその仕組み。
と、新潟大学の渡辺 直喜先生から以前教えて頂きました。
理屈がわかっても、なんとなく不思議な場所です。


雪の脇にリュウノヒゲの実が綺麗にありました。
山には紫になる実がいろいろありますね。
昔の人は紫を高貴な色としたそうです。、
日本だと聖徳太子の頃からそうされてきたと習いましたが、
その起源はローマ皇帝にまで遡ると調べたらわかりました。
※高貴さの所以はローマではその染料が当時は大変貴重だったから。
雑草でも紫の実がなってると高級品に見えました。


散策道の途中の岩肌の画像です。
一部、白い岩(花崗岩?)に黒いツブツブが浮き出ています。
これなんなんでしょうか?
インターネットで調べても答えに行き着けませんでした。
そのうち分かる方に聞くチャンスがあることを願います。

2月19日(日)に机山スノーシューツアーを計画しています。
春になったら、またもう少し登りやすくしたいとおもいます。
これからも楽しい裏山〝机山〟をよろしくお願いします。

同じカテゴリー(春夏秋冬)の記事画像
春の訪れ
スノーシューツアー2017
しただ郷の景勝”八木ヶ鼻”
かまくらの夜
寒波の朝
平成29年(2017年)元旦
同じカテゴリー(春夏秋冬)の記事
 桜はあと一週間くらいでしょうか (2017-04-16 11:48)
 春の訪れ (2017-04-01 12:55)
 スノーシューツアー2017 (2017-02-20 12:18)
 しただ郷の景勝”八木ヶ鼻” (2017-02-18 00:01)
 かまくらの夜 (2017-02-04 18:08)
 寒波の朝 (2017-01-15 13:48)
----この記事にコメントしましょう!----
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。