温泉・貸切露天風呂:新潟の温泉旅館「嵐渓荘」

2012年08月11日

鮎会席



「鮎会席プラン」は地鮎が新鮮にとれる夏のシーズン限定のプランです。
鮎釣り解禁は7月はじめ、網漁の解禁は8月になってからです。
7月下旬~9月初旬迄ご予約承っております。
※ご予約は早くから受け付けますが、
 鮎の仕入によりご用意できない場合もございます。

「鮎会席プランBコース」をリョケンの鈴木先生と一緒に、
お客様になったつもりで食べてみてレポート致します。
まずは前菜です。
S先生 「キュウリが美味しいです。」
わたし 「キュウリ?」
S先生 「キュウリの中ですよ“中身"。これはなんですか?」
わたし 「“うるか"です」
S先生 「あ~!!」
うるかというのは鮎のはらわたを塩辛にしたもの。苦みを楽しむもの。キュウリとあいます。
そのほかにも、鮎を薄くスライスして揚げた鮎せんべい、鮎の粕漬けなど。

お次はお造り、鮎のお刺身です。


活きた鮎をしめて30分以内に召しあがって頂くようにしています。
※活きた鮎が手に入りづらくなる9月以降は「鯉のあらい」又は「鮎の酢じめ」となります。

お待ちかねの、鮎の塩焼き。
S先生 「頭からガブッといけますね。」
わたし 「うまいな~」
S先生 「ツマのマタタビ。これもまたマッチしてますね。」

塩焼きは鮎の成長具合により小ぶりを2匹付けだったり、一本だったりします。

嵐渓荘オリジナルの鮎の土瓶蒸し。
S先生 「これ、おいしい!」
わたし 「ちょっと酸味がありますでしょ?」
S先生 「はい。」
わたし 「それが隠し味なんです。」

隠し味はなんなのか、たべてみてのお楽しみです。

次々と鮎づくし。私が塩焼きの次に好きな、鮎田楽!


S先生 「このタレでないとだめだっていう味のタレですね。旨いわ。」

揚げ物も鮎です。


S先生 「揚げ物でも鮎っておいしいんですね。」

Bコースのみとなりますが、鮎のムニエルです。


S先生 「うーん、すごい。ここまでで鮎を何匹つかってますか?原価はどうなる!?(笑)」

止め椀です。
S先生 「冷やし汁?」
わたし 「この辺で暑い時期にのむ冷やしたお味噌汁です。」
S先生 「青しそにタデに胡瓜。これ風呂上がりの一杯にもよさそうですよ!」

暑いときには最高の一杯です。

コースの最後は鮎ご飯です。


鮎のガラからスープをとり身をほぐした鮎をいれ炊きあげ、最後に鮎の蒲焼きを添えています。



S先生 「本当の鮎づくしですね。これだけ鮎食べれたら満足です。」

季節限定「鮎会席」、くわしくは→こちら
同じカテゴリー(たべもの)の記事画像
川がに(もくず蟹)
かまくらの夜
『冬の美味厳選』始まりました!
たいな漬け
川がに(もくず蟹)
妙湶うどん
同じカテゴリー(たべもの)の記事
 川がに(もくず蟹) (2017-10-28 12:56)
 かまくらの夜 (2017-02-04 18:08)
 『冬の美味厳選』始まりました! (2014-12-04 21:37)
 たいな漬け (2014-11-06 16:04)
 川がに(もくず蟹) (2012-11-13 09:49)
 妙湶うどん (2012-08-21 13:00)
長野さんからのコメント。2012年08月12日 08:44
見ているだけでは・・・
うまそう・・・
行きてえ・・・
食いてえ・・・
らんけいごおらんけいごおさんからのコメント。2012年08月13日 11:56
\(長野さん)/
お好きですものね~(*^_^*)
今年も美味しいですよ。
----この記事にコメントしましょう!----
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。